​導入事例

「数日先の車両の手配・倉庫の人員調整ができ

社内でのムダが削減!」

​山岸運送株式会社
取締役 山岸様
Q. AI-Buffalo-導入前会社にどういう課題がありましたか?

山岸運送株式会社は、輸送業務、倉庫業務を各企業様との受注・契約により事業を行っております。

各企業様の事業内容を把握し、どのような物流システムが最適なのかをご提案させていただき、配送でお困りの各企業様をサポートできるように企業様ごとに合ったプランを考え、提案させていただいております。また、弊社独自の車載端末システムにより、各車両の運行単位できめ細かく正確なオペレーションが可能です。

AI-Buffalo-導入前は、当日に出荷量が分かるという仕事が多く、運送業務で言うと車両の手配がとても難しくなっており、倉庫業務で言うとパートさんの人員調整ができない状態でした。

Q. なぜROX社のAI-Buffalo-を選びましたか?

ただの過去データからの予測ではない。AIを駆使して過去データ×様々なデータ(天気データ等)から予測を行うということで導入をすることにさせていただきました。

Q. AI-Buffalo-を導入してどのような効果がありましたか?

予測データを確認しながら数日先の車両の手配をすることができるようになりました。

また倉庫でも人員調整ができるようになり、社内でムダが少なくなりました

 

Q. 他に効果を感じることがありますか?

元々感覚で予測をしていたメンバーが数値で捉えられるようになったのは大きいですね。

その意味では予測意識が本人自身も変化していると思います。

Q. 今後はどんな発展をお考えですか?

予測精度がより向上していくことができれば混載便の配車計画も物量予測から立てられるようになると思います。そうすることで車両一台当たりの積載率を向上させ、全体の車両台数減にもつながり物流会社・荷主様がWinWinの仕組みが構築できると思います。そこまで持っていきたいですね。

配車の効率化はじめてみましょう!

打合せ依頼・見積り依頼・取材など
お気軽にお問合せ下さい

ご連絡をお待ちしております

AI -Buffalo-

物流予測AI -Buffalo-とは?