PROJECT

AI受託開発事例

価格の最適化(ダイナミックプライシング)

顧客の課題

繁忙期と閑散期の差が生じてしまうビジネスにおいては、需要に応じて、価格の変動を付けたい。しかし、最適な価格の判断が難しく、また常に計算する業務の負荷は大きい。

効果

需要に応じた最適な価格をつけることにより、空室などの閑散期のリスクを低減。ひいては、売上アップに繋がる。

case21価格の最適化

開発内容

ビジネスごとに、目的に応じたダイナミックプライシングのアルゴリズムを開発。

費用/期間

800万円~ / 6ヶ月以上

case21価格の最適化