PROJECT

開発事例

AIで未来の野菜価格を予測する

顧客の課題

農作物の流通ルートの多様化により、従来の販売ルートだけでなく「ネット販売」「直売所・道の駅」「スーパーやコンビニなどでの直売」など様々な選択肢があるが、果たしてどのルートを使って販売をすれば一番効率が良く利益を挙げるれるのか?判断に迷う。

効果

AIが導きだす【明日・1週間先・2週間先の野菜の予測価格データ】を客観的な判断基準として用いることができる。
野菜の最適な「販売ルート」や「売り時」をデータに基づいて選ぶことで、生産性と収益性の向上が期待できる。
お手持ちのスマホ・パソコンを使って1クリックで簡単に予測価格をチェックできるので、初期コストがかからず、システムを使うための特別な人材を雇用したり育成する必要がない。

case23AIで未来の野菜価格を予測する

開発内容

「過去の野菜の卸売価格15年分のデータ」と「天気予報データ」「AIによる機械学習」の3点によって未来の野菜価格を予測します。明日・1週間後・2週間後の市場予測価格をお手持ちのスマホやパソコンで手軽にチェックすることができます。
現在予測の対象としているのは【だいこん・ねぎ・かぶ・キャベツ・にんじん・さつまいも】の6種類です。

費用/期間

無料トライアル受付中です(数社限定)/お申込みからライセンスの発行まで1週間~2週間程度お時間を頂いております。
「収穫」「出荷」「販売計画」「作業スケジュール」など農業に纏わる計画の立案や、効率化にお役立て頂けましたら幸いです。
「現在対応中の6種類以外の農作物を予測したい」等、ご要望がございましたらお気軽にお問合せ下さい。

case23AIで未来の野菜価格を予測する