PROJECT

開発事例

店舗などの混雑予想

顧客の課題

コロナ禍において、生活必需品を扱うスーパーマーケットでは、混雑の解消が課題

効果

このようなコロナ対策の取り組みを社内で出来る人材がいなかったので、クライアントがやりたかったことを実現できた
SNSや店舗掲示でこの混雑予想カレンダーを拡散した結果、混雑ピーク人数は昨年対比で減少

case4スーパーマーケットの混雑予想

開発内容

客数予測の技術をベースに、カレンダー形式での可視化を自動で出来るよう開発

費用/期間

300万円~ / 3ヶ月以上

 スーパーマーケットの混雑予測