横浜市・川崎市連携イベント「SDGs未来都市実現に向けた取組」への登壇

最終更新: 1月23日


2/7 パシフィコ横浜にて、弊社代表の中川が、来店客数予測AI -Hawk-


ご紹介で登壇をします。



SDGsの取り組みに際し、弊社の来店客数予測AI -Hawk-はその目的に合致しているとして、


主催者の川崎市からのご依頼によって登壇させて頂きます。


弊社としても、来店客数予測AI -Hawk-は食品ロスの削減、廃棄食品の削減の


効果が確認されており、SDGsに合致する技術であると考えております。




開催内容の詳細を、以下および添付資料にて示します。


お近くにお立ちよりの際は、ぜひご来場下さいますようお願い致します。




【概要】 目的:市内企業の事例紹介により、各社の製品・技術や取組とSDGsとのつながり、その意義についての気づきを促す 主催:横浜市、川崎市、三井住友銀行 共催:地域金融機関(横浜銀行、川崎信用金庫、横浜信用金庫、城南信用金庫、湘南信用金庫、かながわ信用金庫) 後援:ヨコハマSDGsデザインセンター、経済産業省関東経済産業局(調整中) 日時:2020年2月7日(金)13:30~17:00 場所:パシフィコ横浜 アネックスホール(250名程度) 対 象:SDGs推進に関心のある市内中小企業、地域金融機関



ROXへのお問合せはこちらから










関連コラム

食品ロスの削減

廃棄食品の行方

人工知能「AI」× 食品分野 ー政府の取り組み







来店来客数予測AI-Hawkのページはこちらから TOP > コラム



32回の閲覧