深刻化する物流業界のトラックドライバー不足

最終更新: 5月1日



こんにちはROXです!


物流業界では、トラックドライバー不足が深刻化しています。


厚生労働省、およびボストン・コンサルティンググループによる2017年の調査では


2027年に物流のトラックドライバーは24万人不足する見込みだという結果が報告されています。




出所:https://www.bcg.com/Images/JPR_171027_Logistics%20PPT_tcm56-181045.pdf


需要の拡大(96万人)に比べ、供給は72万人に減少するので、その差が24万人になるとの


試算です。

荷物量増加の一方で、少子高齢化および過酷な労働環境イメージ等による不人気が継続し


担い手不足は一層深刻化していく見込みとのことです。



この調査の中では、やるべきことを確実にやったとしてもなお需要と供給のギャップは


埋まらず、需要予測の高度化による配車計画・配車管理の効率化といったテクノロジーの


活用がなければ抜本的な変革は難しいと指摘しています。

物流業界においても需要予測の高度化に代表されるテクノロジーの導入が必要とされている


状況です。




弊社では物流業種向け需要予測AIによる課題解決をご提案可能です。


ピンときた方、ご興味がある方は是非お気軽にお問合せ下さい!




物流予測AI-Buffalo-ページ









関連コラム

トラックドライバーの労働環境改善・働き方改革

新型コロナウイルスの「物流・ロジスティクス業界」への影響

宅配便取扱個数は年々増加

AIで物流予測を自動化



TOP > 物流予測AI-Buffalo-

113回の閲覧