NEWS
2021/05/10

港湾物流の電子化に対応

港湾物流の現状と課題

こんにちはROXです!

今回は港湾物流についてコラムを書かせて頂きたいと思います。国内外から大小様々な輸送物が届く港湾物流には、非常に多くの企業、人が関わっており、膨大な情報が書類や電話でやり取りされていました。これまでの方法では、情報の伝達に人の力が必要で、非常に多くの労働力の確保が必要となっていました。しかし、昨今の物流業界の人手不足から労働力の確保が難しい状態が続いています。

この課題を解決するため、国土交通省では紙・電話等でやり取りされている情報伝達を電子化しようという動きに力を入れ始めています。人によるデータ入力や照合は、これからのAI活用の基盤作りのためにも早急な導入が必要とされています。

出典: https://www.kantei.go.jp/jp/singi/ai_senryaku/dai6/siryo8.pdf

低コストで物流業界のDX推進に貢献

データ入力や人によるデータチェックの電子化を行うにしても、何から進めたら良いかわからないという方は是非 ROXにご連絡ください。

ROXでは、低コストで物流業界のDX推進に貢献していきます。社内でDXに詳しい人材がいない場合も、弊社が一緒に貴社のDX化を進めます。加えて、弊社AI -Buffalo-は物流業界向け需要予測AIとして残業時間の削減を実現した実績があります。AIによる業務改善、DXにご興味がある方は是非お気軽にお問合せ下さい!