食品ロス削減に向けてできること

最終更新: 1月15日


こんにちはROXです!

弊社の取引先企業様には食品製造業・製造小売業が多く、たびたび可食廃棄等の

食品ロスの問題が話題にあがります。

以前からこの可食廃棄の問題はいたるところで取り上げられ、

社会的な問題として重要視されています。

農林水産省では、日本における、食品関連事業者(食品製造業、食品卸売業、

食品小売業、外食産業)から発生する食品ロスの発生量の推計方法や推計結果、

食品ロスの現状や発生要因、削減に向けての取組をとりまとめています。

出所:http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/attach/pdf/161227_4-114.pdf

その中で、食品ロス削減に向けてできることして、

需要予測精度向上がいずれの業態でも重要視されています。

どの業態でも対前年比の過去データから需要予測を行っているのが一般的ですが、

更なる予測精度の向上はどうしたらよいのでしょうか。

弊社では、とにかくシンプルな設計で、簡単に誰でも操作できて、導入コストも安価

(最安プランならば1店舗あたり月額9800円~!*)な 来店来客予測AI-Hawkをご提案しています!

使い方は、過去のお客様数データをエクセルでAI-Hawk-のWebページにアップロードし、

計算実行ボタンをクリックするだけ!

専用ITインフラも専門知識のある人材も高額な導入費用も不要です!

ピンときた方は是非お気軽にお問合せ下さい!


* ブログ掲載時価格









関連コラム

廃棄食品の行方

食品ロスの削減

人工知能「AI」× 食品分野 ー政府の取り組み








AI-Hawkのページはこちらから


TOP > コラム


69回の閲覧