食品製造業の労働生産性を高める

こんにちはROXです!

今様々な業種で人手不足、過重労働といった労働力の問題が取り上げられています。弊社の取引先企業様の多い、食品製造業・製造小売業においてもこの問題は課題となっています。

政府による議論も活発に行われていて、例えば農林水産省の食品産業戦略会議において、この食品製造業の労働力需給の課題についてたびたび議論されています。
それによると、食品製造業は労働生産性が低く、その数値は製造業平均の約 6 割と製造業の中で最も低い業種の一つとなっているとのことです。また労働生産性が低いことに伴い、食品製造業は給与も低く、これは、自動化が進まない中、デフレ経済の下で給与が抑えられる労働者に大きく依存してきたことが背景にあるとのことです。

食品産業においては、非正規労働者やパートタイム労働者の割合が高く、経済が回復基調にある中、より良い待遇の雇用への移動が生じ、人材確保難につながっているとのこと。

食品製造業の労働生産性を高める

労働生産性の改善、および待遇の改善が飲食業界の従業員不足解消の課題のひとつといえますが、どのような施策が考えられるでしょうか。

こうした課題に対し、弊社では、需要予測AIを活用した業務の効率化を提案しております。
対前年データだけでは足りなかった精度を需要予測AIで補うことで、シフト作成の効率化や人員配置の最適化、食品廃棄の低減が可能になります。

弊社では、とにかくシンプルな設計で、簡単に誰でも操作できて、導入コストも安価
(カスタマイズなしなら月額9800円~!)な 来店来客予測 AI-Hawkを提供しています!

使い方は、過去のお客様数データをエクセルでAI-Hawk-のWebページにアップロードし、計算実行ボタンをクリックするだけ!く専用ITインフラも専門知識のある人材も高額な導入費用も不要です!
需要予測AIの活用でもっと楽に、効率良く、仕事をしてみませんか?

ピンときた方は是非お気軽にお問合せ下さい!


TOPページ > 来店客数予測AI-Hawk-