TOP > AI-Hawk​とは? > 導入事例 > 導入事例3

​導入事例

AI -Hawk- の予測精度はベテランスタッフ以上

より一層現場に役立つツールに

有限会社クレスガーデン

Q. 会社にどういう課題がありましたか?

当社はビュッフェスタイルのレストランです。新鮮な野菜を用いた料理が人気を博しています。

北海道の長沼町に位置しており、札幌や旭川といった遠方からもお客様がお越し下さっています。北海道という地域上、豪雪時には雪の影響で客足に影響することも特徴です。

当社では従来から前年の売上予測を参考に、1か月分の販売予測をしてシフトや仕入れに役立てています。

ただ、いつも人手をかけて予測をしているので、こういった作業を効率化し、またより良い予測精度を求めて、予測システムに興味を持つようになりました。

Q. なぜROX社のAI-Hawk-を選びましたか?

そんな課題を抱える中、低予算で導入でき、しかも豪雪など気象データを加味して需要予測が出来るAI -Hawk-に関心を持ちました。初期費用がゼロ円、費用も月々9800円なので、導入にはさほど迷うことはなかったです。(価格は2019年7月現在)

Q. AI-Hawk-を導入してどのような効果がありましたか?

AI -Hawk-を使ってみて当社のベテランスタッフによる予測結果を比較しますと、32日中、21日(=66%)でAI -Hawk-の方が実績に近い予測値を示しました。データを読み込ませるだけで、AI -Hawk-はベテランスタッフ以上の予測精度を示したことになります。

役に立った具体的な点は、仕入れ・仕込みの検討、およびシフトの作成に対してです。当社は忙しい日よりも暇になるであろう日を把握できる点に、価値を感じました。人件費のみならず、仕入れ・仕込みの検討にも活かせました。

Q. 今後はどんな発展をお考えですか?

当社はパートタイマーが多く活躍してくれています。AI -Hawk-の予測値やそれを応用したデータを、現場のスタッフが見て、スタッフ自身が考えて自律的に動けるようになればベストだと考えています。ROX社と協議し、AI -Hawk-が現場スタッフにとってより一層役立つツールになればと考えています。

AI-Hawk-とクラウド型シフトシステムをクロス運用

​人件費の見える化、最適化対策に活用

ユーザー企業様の相談に乗りながら対応するサポートプラン(コンサルティング付き)もご準備しています

需要予測 AI

自社の業務にどう落とし

込めば良いかわからない?

​食品ロスの大幅削減はじめてみましょう!

打合せ依頼・見積り依頼・取材など
お気軽にお問合せ下さい

ご連絡をお待ちしております