AIで来店客数予測を自動化

最終更新: 1月16日


皆さんはじめまして。

需要予測AI -Hawk-を提供しております株式会社ROXです!今月からコラムを開始します!

記念すべき第一回は、私たちROXが提供している需要予測AI -Hawk-について紹介したいと思います!

突然ですが、食品・外食業界の皆様、以下のようなお困りごとはございませんか?

  • 売れ残りがあり、廃棄食品が出てしまった

  • 品切れでお客様に商品を提供できなかった

  • 人員シフトが上手く組めず、人手不足になってしまった

  • 天気の悪い日にバイトをたくさん割り当ててしまい、過剰な人件費が発生してしまった…

食品・外食業界に携わる方であれば、日々こんな問題に頭を抱えていることと思います。

これがROXが人工知能の力を使って解決したい課題です。

ROXが提供する需要予測AI -Hawk-は、過去のお客様数や天気予報等を基に、最大45日先までの来店客数・販売点数をあらかじめ予測計算するサービスです。

今まで忙しい仕事の合間にカレンダーと睨めっこして、時には経験と勘に頼ってしまっていた来店客数予測を自動化致します。

AIを用いた高精度需要予測により、もったいない食品ロス・機会損失を減らし、また、人件費・サービス水準の適正化にも繋がります。

操作は簡単。過去のお客様数のデータをエクセルでAI -Hawk-のWebページにアップロードして、計算実行ボタンをクリックするだけです!

ピンときた方は是非お気軽にご連絡下さい









関連ブログ

食品ロスの削減

食品ロス削減に向けてできること

廃棄食品の行方

人工知能×食品分野ー政府の取り組み


AI-Hawk-ページへ







TOPページ > コラム


252回の閲覧