減反廃止から2年

こんにちはROXです!

本日はお米の話題です。年々日本人の米離れが進む中、2018年より主食用米の生産調整(減反)が廃止されました。お米のサプライチェーンに関わる皆様も、市場動向に合わせた生産・販売計画の策定等、より一層の自主的な対応が求められるようになっております。

農林水産省がまとめた19年産主食用米の作付け動向によると、北海道のほか14府県が18年産よりも作付面積を減らし、残る32都府県は前年並みの作付面積を見込んでいるとのことです。

米の年間1人あたりの消費量の推移

出典:農林水産省(http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/syokuryo/171130/attach/pdf/index-6.pdf)

こういった個別商品単位での需要予測も、需要予測AI -Hawk-の得意とするところです。過去のトレンド・天候データ等を基に最大45日先まで商品の需要を予測することができます!

お米の売れ残りで悩まれている皆様、是非需要予測AI -Hawk-をご検討下さい!ピンときた方は是非お気軽にお問合せ下さい!