飲食業界における従業員の不足

こんにちはROXです!

人手不足が様々な業界で叫ばれています。
昨年の帝国データバンクによる人手不足に対する企業の動向調査では、従業員が不足していると答えた企業のうち、「非正社員」が不足している業界の第一位は飲食業界であったとのことです。
この調査では7割を越える飲食店がアルバイトやパートを求めている結果となっています。

飲食業界における従業員不足

出所:株式会社帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査」
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p180206.pdf

飲食業界が人手不足になる要因として、次のような理由が考えられます。

  • 給与面の待遇がよくない
  • 勤務条件が合わない
  • 労働環境が厳しい


アルバイトにはサービス系や販売系、技能系、運輸・労務系もありますが、平均時給はサービス系や技能系、運輸・労務系のほうが高く、飲食系でのアルバイトは待遇面が見劣りする傾向にあります。待遇の改善が飲食業界における従業員不足解消の課題のひとつといえますが、どのような施策が考えられるでしょうか。

弊社では需要予測AI-Hawk-による来店客数予測を行うことで、廃棄食品低減、シフト効率化による残業削減、といった提案をさせて頂いております。
こうした経営の効率化により生み出された余力を、給与待遇の改善や労働環境の改善にご活用頂くことが可能ではと考えております。
ピンときた方は是非お気軽にお問合せ下さい!


TOPページ > 来店客数予測AI-Hawk-